電源接続案件一括検討プロセスの概要

電源接続案件一括検討プロセスの概要

1.電源接続案件一括検討プロセス(以下、「一括検討」という。)とは

系統連系希望者が、発電設備等を送電系統に連系等するにあたり、当社に接続検討申込みを行った結果、送電系統の容量が不足し、増強工事が必要となる場合があります。このような場合、仮に近隣で系統連系希望者がいるにもかかわらず、単独での連系等を前提に増強工事を行うと継ぎ接ぎの非効率な系統整備となるおそれがあります。また、工事費負担金が高額である場合には、単独負担を前提とすると工事費負担金を支払うことが困難であるとして、系統連系が進まない状況となるおそれもあります。そこで、近隣の案件も含めた対策を立案し、そこでの連系等を希望する系統連系希望者で増強工事費を共同負担することにより、効率的な系統整備等を図ることを目的とする手続です。
なお、一括検討は当社が主宰いたします。

2.一括検討のフロー

系統アクセス業務の主なフローは以下のとおりです(点線部が一括検討の範囲)。

3.一括検討開始の対象となり得る設備

一括検討開始の対象となり得る設備(以下、「一括検討開始対象設備」という。)は特別高圧の送電系統(特別高圧と高圧を連系する変圧器を含む。)といたします。

※:
送電線や変圧器等の設備をいいます。なお、効率的な系統整備の観点等
から、以下の設備は対象外といたします。
  • ・発電設備等の設置場所から既設送電系統の連系点までの間に新設する設備
  • ・配電用変電所におけるバンク逆潮流の対策に必要な設備
  • ・N-1故障時に発電抑制を実施できるようにするための設備
  • *「効率的な系統整備の観点等」とは、系統連系希望者の連系等が繰り返し行われることで、非効率な系統整備になること等を回避することを意図しております。そのため、当社は、複数の系統連系希望者の応募の蓋然性が高いと見込まれると判断した場合は、一括検討を開始いたします。なお、繰り返しの系統整備が見込まれない場合(例:※で対象外とした設備等の工事)や複数の系統連系希望者の応募の蓋然性が低いと判断できる場合には、当社は、一括検討を開始せず、開始申込みをした系統連系希望者に対し、契約申込みその他の適切な対応を行うよう求めます。

4.一括検討で募集する対象電源

一括検討で募集する電源は「募集対象エリアにおいて、高圧又は特別高圧の送電系統に連系等して電力を流入する発電設備等」といたします。

5.一括検討の留意事項

当社は、一括検討中に系統連系希望者から受領した資料を当該一括検討の遂行及び当該一括検討完了後の系統アクセス業務以外の目的で使用いたしません。また、同資料については返却いたしません。

一括検討の開始申込み及び応募申込みをした系統連系希望者が、電力広域的運営推進機関(以下、「広域機関」という。)の「送配電等業務指針」又は「業務規程第80条の規定に基づく電源接続案件一括検討プロセスの実施に関する手続等について」に違反した場合その他当該一括検討の公平性又は透明性を阻害する行為等を行った場合は、当社は、当該系統連系希望者を一括検討から辞退したものとして取り扱う(以下、「辞退扱い」という。)ことができます。