部門別収支について

2018年度 部門別収支の実績について

当社の2018年度の当期純利益(個別決算)は、30億円でありますが、このたび、みなし小売電気事業者部門別収支計算規則(経済産業省令)に基づき、部門別収支を算定した結果、特定需要部門の当期純利益は、4億円、一般需要部門の当期純利益は、16億円となりました。また、特定需要部門における利益率(電気事業利益/電気事業収益)は0.6%、一般需要部門における利益率は2.7%となっております。

<参考1:2018年度部門別収支計算書>

(単位:億円)
  特定需要部門(8) 一般需要部門(9) 特定需要・一般需要外部門(10) 合計(11)=(8)+(9)+(10)
電気事業収益(1) 857 761 313 1,932
電気事業費用(2) 851 741 314 1,907
電気事業外収益(3) - - 36 36
電気事業外費用(4) - - 24 24
税引前当期純利益(5)=(1)-(2)+(3)-(4) 5 20 11 36
法人税(6) α 3 2 6
当期純利益(7)=(5)-(6) 4 16 9 30
電気事業利益率(12)=((1)-(2))/(1) 0.6 2.7 - -
  • (注)電気事業費用(2)には、電気事業営業費用に加えて電気事業財務費用および他社販売電源料が含まれています。
  • (注)金額は億円未満の端数を切り捨てています。

経済産業大臣に提出した書類

個人・法人共通サービス