社員紹介

石川 玲華

発電部 具志川火力発電所

発電グループ

2015年入社石川 玲華

私が所属する具志川火力発電所は、当社初の石炭火力発電所として、沖縄県に低廉で安定的な電力を供給するため、非常に重要な役割を担っています。また、バイオマス燃料の混焼や再生可能エネルギー導入に対する系統安定性を確保するため、発電所の起動停止(DSS)や負荷帯の調整を行うことで環境負荷の低減も図っています。私は主に、燃料(石炭、重油、バイオマス)の受入・払出管理業務を担当しています。

私が所属する具志川火力発電所は、当社初の石炭火力発電所として、沖縄県に低廉で安定的な電力を供給するため、非常に重要な役割を担っています。また、バイオマス燃料の混焼や再生可能エネルギー導入に対する系統安定性を確保するため、発電所の起動停止(DSS)や負荷帯の調整を行うことで環境負荷の低減も図っています。私は主に、燃料(石炭、重油、バイオマス)の受入・払出管理業務を担当しています。

Q1仕事上で「輝いた」瞬間

入社一年目の時に、地域の方と交流するイベント「おきでん対話旬間」を通して、発電所近隣の方々から「いつもありがとうね」、「電気があるお陰で冬も暖かく過ごせるよ」と労いの言葉を頂いたときにとてもやりがいを感じました。発電所に勤めているとお客さまと直接かかわる機会が少ない為、この言葉は今でも私の活力になっています。

Q2入社を決めた理由

生まれ育った沖縄に貢献したいという気持ちがあり、ライフラインを担うという使命感と先輩社員のプライドを持って働いている姿に感銘を受け、沖縄電力の一員として働きたいと思いました。

Q3沖縄電力の魅力

社内に尊敬できる人が多く、皆「沖縄のために貢献したい」という強い気持ちを持っていることです。その一員として働けることを誇りに思います。また、ライフラインを支えているというやりがいを感じながら、様々な業務を通して自分自身が成長できることも魅力です。

Q4プライベートの過ごし方

最近は天体観測が趣味で、月の満ち欠けや月の地形を観察しながら晩酌をしています。また、多肉植物やサボテンを育てており、めったに咲かない花が咲くと感動します。休日は、海に行きシュノーケルやSUP(サップ)をしてリフレッシュしています。

Q5担当してきた業務

入社~3年目

発電部 牧港火力発電所にて、廃棄物処理や環境保全、安全衛生、損益予算管理等、多岐に亘る業務を担当。

4年目~

発電部 具志川火力発電所にて、燃料(石炭、重油、バイオマス)の受払管理、石炭灰の有効利用検討、廃棄物最終処分場の維持管理等を担当。

就職活動を行う学生へメッセージ

就職活動は社会に出る第一歩だと思います。他人から求められていることと自分がやりたいこと、自分にできることのギャップに葛藤することもあると思いますが、自分を見つめなおし更にステップアップするいい機会だと思います。恐れることなく、楽しみながら様々なことにチャレンジして下さい!

社員一覧へ戻る 部門紹介へ戻る
topへ

ピックアップコンテンツ