ごあいさつ

ごあいさつ

日頃より当社の事業にご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

沖縄県は東西1,000km、南北400kmにおよぶ広大な海域に点在する大小160の島々で構成される島嶼県であり、当社は沖縄県全域において重要なライフラインを担う電気事業者として、お客さまの暮らしや経済活動を支えて行く上で必要不可欠な電気を安定的にお届けすることを基本的使命に、事業活動に取り組んでおります。

電気事業を取り巻く経営環境は、電力システム改革を契機に厳しさとスピード感を伴って変化しており、沖縄県内においても新電力の参入などにより、競争環境は一層厳しさを増しております。このような中、地場の企業として、成熟させてきた当社グループの強みを最大限に活かし、「いかなる経営環境下においても、引き続きお客さまに選択される企業グループ」を基本姿勢に、中長期成長戦略を着実に推進し、様々な経営課題の解決や財務目標の達成に向けて取り組んでおります。

基本的な使命である電力の安定供給については、電源開発・送配電設備の構築に加え、地震や津波、台風などの自然災害に強い設備形成、被災時における迅速な復旧に向けた全社的な復旧体制の充実、自治体等の防災関係機関との更なる連携強化に取り組んでまいります。

お客さまの満足度向上に資するサービスについては、お客さまの多様なニーズに的確かつ迅速にお応えするために、低廉な電気の供給および料金メニューの選択肢拡大に向けて、2017年4月にオール電化住宅向け、2018年6月にはご家庭向けの新しい料金メニューの提供を開始しております。

地球温暖化対策については、電気事業全体でCO2排出抑制目標の達成に向けて取り組んでおり、当社においては、最も有力な手段である液化天然ガス(LNG)を燃料とした吉の浦火力発電所の着実な運用をはじめ、石炭火力発電所における木質バイオマスの混焼やメガソーラー、可倒式風車などの再生可能エネルギー発電設備の運用など、低炭素社会の実現に向けて取り組んでまいります。

当社グループは、お客さまの高度化・多様化するエネルギーに関するニーズに対応するため、2017年12月に「(株)リライアンスエナジー沖縄」を設立し、お客さまに代わり熱源設備等を所有し、電気やガスとともに温水や蒸気等の供給を行う事業に取り組んでおります。これからも「総合エネルギー事業をコアとして、ビジネス・生活サポートを通した新しい価値の創造を目指し、地域に生き、共に発展する一体感のある企業グループ」の実現に向け、グループ一丸となって取り組んでまいります。

当社は、2018年10月に民営会社移行30周年を迎えました。これからも「地域とともに、地域のために」というコーポレートスローガンの下、エネルギーを通して沖縄の力となるため全力を尽くしてまいりますので、皆さまのなお一層のご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役会長 石嶺伝一郎
取締役社長 大嶺 滿