低圧受電のお客さま

低圧受電のお客さま低圧:標準電圧100ボルトまたは200ボルト

従量電灯

電灯または小型機器を使用する需要で、電灯または小型機器の総容量が50キロワット未満であるものに適用いたします。
なお、低圧電力とあわせて契約する場合は、従量電灯で使用する電灯または小型機器の総容量と低圧電力の契約電力との合計が50キロワット未満となります。

料金単価表
区分 単位 料金単価(円)
最低料金 最初の10kWhまで 1契約 395.08
電力量料金 10kWhをこえ120kWhまで 1kWh 22.53
120kWhをこえ300kWhまで 1kWh 27.97
300kWhをこえる部分 1kWh 29.91
  • (注)料金単価は、消費税等相当額を含めた税込単価となっています。

Eeビジネス

電気供給約款(平成27年12月1日届出。なお、当社が供給約款を変更した場合には、変更後の約款によります。)の従量電灯の適用範囲に該当する需要であり、かつ居住に必要な機能を有さず、夜間蓄熱式機器※1またはオフピーク蓄熱式電気温水器※2を使用し、昼間時間以外への時間帯への負荷移行が可能等のお客さまで、お客さまがこの要綱の適用を希望され、当社との協議がととのった場合に適用いたします。

  • ※1 夜間蓄熱式機器・・・主として夜間時間に通電する機能を有し、通電時間中に蓄熱のために使用されるものをいいます。
  • ※2 オフピーク蓄熱式電気温水器・・・ヒートポンプを利用して主として電力需要の少ない時間帯に蓄熱し、お客さまが給湯に使用するためまたは給湯とあわせて床暖房等に使用するために必要とされる湯温および湯量に沸き上げる機能を有するものであって、夜間蓄熱式機器に該当しないものをいいます。
  • ※3「Eeビジネス」は検針票による検針結果のお知らせを廃止し、お客さまご自身で当社ホームページ「実績照会サービス」にて参照いただきます。
  • ※4 平成30年4月より、紙の検針票を希望される場合および振込払いを希望される場合は、手数料(216円)を原則申し受けます。電気料金とあわせて請求いたします。
  • ※5 お問い合わせは弊社コールセンター(0120-586-391)までお願いいたします。なお、ご加入をご検討されている場合には、ご加入をご検討していることと、電気温水器等の所有の有無についてコミュニケーターにお伝えいただきますとスムーズに担当者へお繋ぎできます。
料金単価表
  区分 単位 料金単価(円)
基本料金 1契約 1620.00
電力量料金 昼間時間 夏季 1kWh 39.50
その他季 1kWh 36.08
生活時間 1kWh 27.01
夜間時間 1kWh 11.82
5時間通電機器割引 1kW 216.00
通電制御型夜間蓄熱式機器割引 1kW 162.00
Eeプラン割引(全電化割引) 割引対象額×10%
(注1)
「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
「その他季」とは、「夏季」以外の期間をいいます。
(注2)
「昼間時間」とは、平日(月曜日から土曜日まで。ただし、要綱に定める休日等に該当する日を除きます。)午前10時から午後5時までの時間をいいます。
「生活時間」とは、平日では午前7時から午前10時、午後5時から午後11時、要綱に定める休日等では午前7時から午後11時の時間をいいます。
「夜間時間」とは、「昼間時間」および「生活時間」以外の時間をいいます。
(注3)
「割引対象額」とは、基本料金と電力量料金の合計をいいます。
(注4)
Eeプラン割引上限額は、1契約につき3,240円/月(税込)といたします。
(注5)
「全電化」とは、需要場所すべての熱源を電気でまかなうことをいいます。
(注6)
料金単価は、消費税等相当額を含めた税込単価となっています。

お申込み方法

適用申込書等によるお申込み(FAX、窓口、郵送)に加え、インターネットでのお申込みも可能です。(但し、新しく温水器を設置するなど、設備変更を伴う場合は電気使用申込書での対応となります)
お客さまのご契約状態(新規/契約中)に合わせてお申込み下さい。

◆ご契約中のお申込み方法(料金メニュー変更)
インターネット(料金メニュー変更)
各支店窓口(適用申込書)

低圧電力

低圧で電気の供給を受けて動力を使用する需要で、契約電力が50キロワット未満であるものに適用いたします。
なお、従量電灯とあわせて契約する場合は、従量電灯で使用する電灯または小型機器の総容量と低圧電力の契約電力との合計が50キロワット未満となります。

料金単価表
  区分 単位 料金単価(円)
基本料金 1kW 1,306.80
電力量料金 夏季 1kWh 15.71
その他季 1kWh 14.35
(注1)
「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
「その他季」とは、「夏季」以外の期間をいいます。
(注2)
料金単価は、消費税等相当額を含めた税込単価となっています。
(注3)
まったく電気をご使用にならない(検針期間の使用電力量が0kWhとなる)月の基本料金は半額となります。

低圧蓄熱調整契約

・平成29年3月31日をもって新規加入の受付は終了しました。詳しくはこちら

・平成29年3月31日までにご契約頂いているお客さまについては、平成29年4月1日以降も引き続きご利用いただけます。

蓄熱式空調システムなどを利用して蓄熱運転を行い、より電力需要の少ない時間帯に移行して頂けるお客さま向けの割引メニューです。

蓄熱割引率表
  蓄熱割引率
夏季蓄熱割引率 0.368
その他季蓄熱割引率 0.309
(注1)
「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
「その他季」とは、「夏季」以外の期間をいいます。
(注2)
蓄熱割引額=(夏季料金またはその他季料金)×蓄熱電力量×蓄熱割引率
(注3)
料金単価は、消費税等相当額を含めた税込単価となっています。

蓄熱ピーク調整契約

・平成29年3月31日をもって新規加入の受付は終了しました。詳しくはこちら

・平成29年3月31日までにご契約頂いているお客さまについては、平成29年4月1日以降も引き続きご利用いただけます。

低圧蓄熱調整契約の適用を受けるお客さまで、夜間の蓄熱式運転により、蓄熱槽に蓄えた熱を、当社の指定する夏季の重負荷時に集中して使用していただくお客さま向けの割引メニューです。

料金単価表
単位 割引単価(円)
低圧で供給を受ける場合 1kW・時・月 572.40
(注1)
調整対象期間は、7月1日から9月30日までの期間とし、選択約款に定める休日扱い日および旧暦の7月14日、15日、16日を除きます。
(注2)
調整期間は、調整対象期間の全期間または1月単位の期間とします。
(注3)
調整時間は、13時から17時までの間で、毎日1時間以上継続するものとします。
(注4)
契約調整電力は、停止または調整する熱源機の機器容量等にもとづき定めます。
(注5)
割引額 = 契約調整電力 × 調整時間 × 割引単価
(注6)
料金単価は、消費税等相当額を含めた税込単価となっています。