ENERGY SAVING ACTIVITIES社員ひとりひとりが取り組む省エネ・省CO2活動

オフィスでの電力使用量の削減やエコ通勤実施によるガソリン使用量の低減などに取り組むことで、CO2削減や大気環境の保全に努めています。

沖縄電力では、室温の適正管理(原則夏季28℃・かりゆしウェア着用)、昼休みなどの不要時の室内灯を消す、不使用時のOA機器の電源OFF等の実施により、オフィスでの電力使用量の削減に取り組んでいます。

また、車両から排出されるCO2の削減等を目的とし、業務用車両におけるエコカーなどの導入のみならず、通勤時に乗り合わせ等を行う「エコ通勤」活動にも取り組んでいます。

その他、節水活動や、環境ラベルの付いた事務用品の購入(グリーン購入)の推進などにも取り組んでいます。

TOPICS 2021年度の環境月間の取り組み~エコ通勤~

6月1日~30日までの1ヵ月間、エコ通勤による地球温暖化防止や大気保全に取り組みました。その結果、沖電グループ全体の延べ実施回数が2,926回に達し、約22tのCO2を削減できました。

当社は、年度目標を目標達成者率50%(12回/人・年の達成者率)と設定しており、毎月第2金曜日を『推奨日』としています。

《社員の声》環境部 親泊 宗一郎 (左)

私は今年度から新入社員として地球環境グループの一員に加わりました。早速、私も先輩と相乗りを行い、仕事だけでなく色々な話をして和気あいあいと通勤しています♪

一方、バス通勤ではバス停までの散歩を楽しみつつ、バスの中では資格の勉強をすることもできます。始業までの時間を最大限に活用する事ができます!

楽しみながらエコ通勤!

Column 「わった~バス党」に入党!

沖縄県は、県内の慢性化した交通渋滞の解消に向けた公共交通の利用促進を目的として、平成24年に「わった~バス党」の取り組みを開始しました。 この取り組みでは、組織として公共交通の利用促進に取り組んでいる企業・団体が「法人党員」として認定を受けることができ、また温暖化対策(CO2削減)に寄与することもねらいの一つとしていることから、当社も法人党員となっています。

引き続きエコ通勤の活動に取り組むことで、沖縄県全体の排出量削減につなげ、貢献してまいります。

※「わったー」は「私たち」を表す沖縄方言。

わった~バス党

法人党員認定式