ゼロ・エミッション~2050排出ネットゼロを目指して~

当社は、総合エネルギー事業者として、地球温暖化対策を優先し対応すべき重要な経営課題の一つに掲げ、積極的に取り組んできました。
一方、国における 2050 年カーボンニュートラル宣言に見られるように、地球温暖化対策への社会的な要請は一層高まっております。
この度、当社は企業の社会的責任を果たすべく、更なる取り組みの推進に向け、長期的な指針となる「沖縄電力 ゼロエミッションへの取り組み ~2050 CO2 排出ネットゼロを目指して~」を取り纏めました。
2050年 CO2 排出ネットゼロの実現に向け、今後 30 年間を見据えたロードマップを策定し、様々な施策を実施してまいります。CO2 排出ネットゼロに向けた2つの方向性として、「再エネ主力化」、「火力発電の CO2 排出削減」を掲げております。
当社は、これまでに培った技術を活かすとともに、新たな技術導入により、持続可能なエネルギーシステムを構築し、安定供給と地球温暖化対策の両立に取り組み、社会へ貢献してまいります。〈詳しくはこちら

沖縄電力グループの
環境方針

沖縄電力グループは、豊かで美しい地球環境を未来へ引き継いでいくために、沖縄電力グループ一体となった環境行動の推進および環境管理の充実を図り、環境を最大限重視した事業活動を展開します。 また、持続的発展が可能な社会の実現に向け、社員一人ひとりが高い意識を持って積極的に行動します。

・ 地球温暖化や廃棄物問題など、環境負荷の低減に向け環境目標を設定し、継続的に改善を実践します。

・ 環境関連法令や協定の遵守はもとより、全従業員の環境意識の向上や地域環境保全など、日常管理を更に推進します。

・ 積極的な環境情報開示やステークホルダー(お客さま、株主・投資家、従業員、地域社会等)との対話を通じて信頼関係を築き、事業活動の透明性を確保します。

 

※環境方針・環境理念について〈詳しくはこちら

沖縄電力グループの
総合エネルギー事業 ~エネルギーをみんなに、
そしてクリーンに~

沖縄電力グループは、総合エネルギーサービスの提供をとおして、お客さまのニーズにお応えするとともに省エネ・省CO2に貢献します。〈詳しくはこちら