PRESERVE NATURE発電所の環境アセスメント(環境影響評価)の実施

発電所の建設前には、建設工事や発電所の運用による影響を低減するため、事前に調査、予測、評価を行い、さまざまな環境保全対策を講じています。

発電所の建設にあたっては、その規模に応じて、法律や条例に基づいた環境アセスメント(環境影響評価)を事前に実施しています。

環境アセスメントでは、建設工事やその後の発電所の運用による影響を低減するため、事前に調査、予測、評価を行い、さまざまな環境保全対策につなげています。

また、色彩や形状なども工夫し、地域の景観に配慮した発電所を建設しています。

気象調査(吉の浦火力発電所)

気象調査
(吉の浦火力発電所)

沖縄の海や川、動植物などの自然を守るため、発電所の建設だけでなく、変電所などの建設や各種設備の補修工事を行う際にも、地域環境や生物多様性に配慮したさまざまな対策を実施しています。

Column 赤瓦屋根の配電塔建屋

名蔵配電塔(石垣島)は、「石垣市風景づくり条例」に基づき、赤瓦の屋根を採用し、景観に配慮した建屋外観としました。

名蔵配電塔

名蔵配電塔