おきでんグループの環境方針

沖電グループ環境方針

環境理念

沖電グループは、豊かで美しい地球環境を未来へ引き継いでいくために、沖電グループ一体となった環境行動の推進および環境管理の充実を図り、環境を最大限重視した事業活動を展開します。 また、持続的発展が可能な社会の実現に向け、社員一人ひとりが高い意識を持って積極的に行動します。

  • カーボンニュートラルに積極果敢に挑戦します。
  • 環境負荷の低減に向け環境目標を設定し、継続的に改善を実践します。
  • 環境関連法令や協定の遵守はもとより、全従業員の環境意識の向上や地域環境保全など、日常管理を更に推進します。
  • 積極的な環境情報開示やステークホルダー(お客さま、株主・投資家、従業員、地域社会等)との対話を通じて信頼関係を築き、事業活動の透明性を確保します。

環境行動指針

環境理念に基づき以下の項目を展開します。

  • 1.地球温暖化対策の推進
    1. (1) 温室効果ガスの排出抑制に努めます。
    2. (2) エネルギー利用の効率化を推進します。
    3. (3) 再生可能エネルギーの導入・活用拡大を推進します。
    4. (4) 省エネ・省資源活動を推進します。
    5. (5) 総合エネルギーサービスによるエネルギー利用の最適化を推進します。
  • 2.地域環境保全の推進
    1. (1) 環境アセスメントおよび環境モニタリングを実施します。
    2. (2) 発電所等における環境保全対策の充実を図ります。
    3. (3) 周辺環境に調和した施設づくりに取り組みます。
    4. (4) 生物多様性に配慮し、地域環境の保全に努めます。
  • 3.循環型社会形成の推進
    1. (1) 事業活動に伴う廃棄物の3Rを推進します。
    2. (2) グリーン購入を推進します。
  • 4.環境コミュニケーションの推進
    1. (1) 環境に関する情報開示を積極的に行います。
    2. (2) 環境ボランティア活動への取り組みを推進します。
    3. (3) 「エネルギー・環境教育」支援活動を推進します。
    4. (4) 環境に関する国際交流を推進します。
  • 5.環境管理の充実
    1. (1) 沖電グループ一体となった環境行動を推進します。
    2. (2) 環境関連法令等を遵守し、環境負荷の低減に努めます。
    3. (3) 社員環境教育の充実を図ります。

改定:2023年6月12日

沖電グループ中期環境目標

中期的に改善を必要とする環境行動の目標については、中期環境目標を定めて、着実な推進を図っています。

環境行動指針 No. 項目 中期環境目標(2023年度)
地球温暖化対策の推進 1 CO2排出抑制 低炭素社会の実現に向け、電気事業低炭素社会協議会で掲げる計画に協調し、CO2排出に努める。(2030年度目標(野心的な目標):CO2排出量を2005年度比30%)
地域環境保全の推進 2 PCB廃棄物の適正処理 法律に定められた処理期限までに全量処理する
循環型社会形成の推進 3 産業廃棄物3Rの推進 再資源化率95%以上
4 グリーン購入の推進 グリーン購入率 85%以上
環境コミュニケーションの推進 5 海洋プラスチック対策の推進 海浜(河川)清掃活動を推進する。

改定:2022年9月13日

おきでんグループの環境行動管理システム

当社は、環境に配慮した事業活動を展開するため、環境目標を定めて環境活動を実施し、その結果をさらなる改善につなげる仕組み“環境行動管理システム”を構築し、運用しています。

環境行動管理システムの推進にあたっては、「計画(Plan)」、「実施・運用(Do)」、「点検・是正予防処置(Check)」、「見直し(Action)」を図り、継続的改善に努めています。

環境行動管理システム(環境活動のPDCAサイクル)
環境活動のPDCAサイクル