OKIDEN PROJECT - 沖電プロジェクト - 03 可倒式風力を設置せよ

日本初を最南端の有人離島へ

八重山諸島にある日本最南端の有人離島――波照間島。ここに青空の下そびえ立つ2基の風車がある。国内の他の風車とは異なり、タワー部分はトラス構造と呼ばれる造りになっており、珍しい2枚のブレードで回る姿は独特の存在感をかもしだしている。「可倒式風車」と呼ばれるこの風車は、日本で初めて、ここ波照間島に導入された。
小さな島が舞台となる日本初の試み、離島の人々の暮らしを支えるために奮闘した電力マンたちの熱い戦いがそこにはあった。

CHAPTER01

すべての有人離島へ電気を。

沖縄県は東西1,000㎞、南北400㎞におよぶ広大な海域に点在する大小160の島々で構成される島嶼県である。沖縄電力では、そのうち沖縄本島および37の有人離島に電力を供給している。
離島への電力供給を語るうえで、『ユニバーサルサービス』という言葉は欠かせない。必要とするすべての人に、同じ品質、同じ料金で電気を送り届ける。これは沖縄電力の重要な使命である。離島の電気事業は離島カンパニーという部門が管轄しており、離島の需要規模が小さいことや沖縄本島から離れていることから、本島と比べて燃料費や修繕費、輸送費といったコストがかさむことが長年の課題となっている。費用はかさむにも関わらず、電気を使う人は少ない。離島電気事業の収支は不均衡続きが現状である。それでも電気を送り続けるのは、一人でも必要とする人がいる所へ電気を届けたい、人々の生活を豊かにしたいという強い思いがあるからだ。
では、離島の収支不均衡を改善するためにはどうしたらいいのか。そこで始まったのが自然エネルギーの活用だ。風力発電である。

CHAPTER02

自然エネルギーの可能性。

風力発電とは、読んで字のごとく、風の力を利用して発電する方法のことである。風車のブレードと呼ばれる羽根の部分が風によって回転し、発電機を回すことで電気が作られる。自然の風を利用するため、発電コストを低減することができ、また、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しないことから環境にも優しい。沖縄電力においても20年以上も前からいくつかの離島へ風力発電設備を導入してきた。
しかし、一見良いことづくしのようにも思われる風力発電だが、実は沖縄の特徴とも言えるあるものとずっと戦ってきた。台風である。沖縄は台風常襲地域であることから、これまでいくつもの風車が強風によって損傷・倒壊されてきた。大型重機による高所での作業となるため、重機の輸送やリース費等で修繕には多大な費用と時間がかかる。以前、与那国島の風車のブレードの取り替え作業をした際も、重機の輸送やリース費で多額の費用負担がのしかかった。
台風への対応は長年の課題であり、強風に耐えるため風車の基礎を大きくし、また、タワー部分の材料を厚く、厚く。いかに頑丈な作りにするかという議論が続けられていた。しかし、台風による被害はさらに続き、採算の取れない事態となったことから、一時、沖縄電力が保有する離島の風力発電設備は、風況の良い与那国島を除いて、全て廃止を検討するまで追い込まれた。
「やはり沖縄のような小さな離島では風車は厳しいのか。」
そういう雰囲気が社内に漂い始めていた。

風力発電

CHAPTER03

「耐える」から「避ける」へ。

そんな折、一人の担当者がふと思い出した。数年前に海外のベンチャー企業とした立ち話。その企業は風車を扱っており、規模は小さいが強風時に倒せる風車があるのだと話していた。当時、沖縄電力は蓄電池などを用いて風車からの発電出力を平滑に制御する「風力発電ハイブリッドシステム」と呼ばれる新しいシステムの導入に力を注いでおり、風車を倒すなんて発想は突拍子もないものだと、流し聞きする程度であった。
頭の片隅に追いやられていた記憶をどうにかたどり、やっとのことで見つけ出した倒せる風車。後に、離島カンパニーで「可倒式風車」と名づけられることになる風車である。これは、タワー部分を90度近く地面へ倒すことができ、台風等の強風前に倒すことで、強風による損傷被害を低減できるというものであった。これまでの強風に耐えることのできる頑丈な風車をつくるという発想から、強風に耐えるのではなく、強風を避けるという新たな発想への転換である。実際に海外ではすでに運転している。
「これなら台風の多い沖縄でも風力発電がうまくできるかもしれない。」
すぐさまその企業にコンタクトを取り、正式にプレゼンを依頼した。この時、同じく風力発電に携わり、新エネルギーに力を入れている沖縄電力のグループ企業も一緒にプレゼンを聞くこととなった。
「支線で支えているこんな風車、日本の基準では建てられない。無理だ。」
そう周りは言った。
だが、その担当者は諦めきれなかった。聞きたいのは基準どうこうじゃない、沖縄で使えるかどうかだ。
思い立って、実際に可倒式風車が導入されているというニューカレドニアへ飛んだ。
実物を見て驚いた。伏して台風の経過を待つという新しい発想もそうだが、構造が簡素になったことで建設に大型クレーンが必要ないため、これまで建設できないと思われていた丘陵地にも建てることができるのだ。
「使える。」
「あとは、これをどうやって日本に導入するかだ。」
ここから、日本初への挑戦が始まった。

風力発電
topへ


- ピックアップコンテンツ -