沖縄本島系統のご契約者さま

沖縄本島系統のご契約者さま

固定価格買取制度終了後の取り扱いについて(沖縄本島系統のご契約者さま)

固定価格買取制度に基づく買取期間満了後の弊社とのご契約条件等については以下の通りとなっております。

  • ※固定価格買取制度に基づく買取期間の満了については、資源エネルギー庁のホームページ「どうする?ソーラー」で詳細な説明がございますので、そちらをご確認ください

弊社への売電を希望される場合のご契約条件

弊社への売電を希望される場合の新しい買取単価等、買取条件は以下のとおりです。

買取単価(2021年度) 7.7円/kWh(税込、消費税率10%)
買取単価(2022年度) 7.7円/kWh(税込、消費税率10%)
  • ※買取単価は変更する場合があります。この場合、予め変更後の買取単価を弊社ホームページにてお知らせするものとし、買取単価は上記によらず変更後の買取単価によるものといたします。
  • ※上記買取単価には非化石価値相当額を含みます。
  • ※その他ご契約条件・ご契約の手続き方法については、「弊社への売電を希望される場合のお手続きについて」をご覧ください。契約者さまに個別に送付しております「太陽光発電からの電力買取契約の終了について(お知らせ)」も併せてご確認ください。

弊社への売電を希望される場合のお手続きについて

  • ※買取先については、ご契約者さまへ個別に送付しております封書にて確認することができます。封書については、買取期間が満了する5か月前を目途にご契約者さまへ送付いたします。

<ご契約者さまへ送付する封書の見本>

個別通知MD

現在の買取先が沖縄電力(小売電気事業者)
(2017年3月31日以前に当社と受給契約を締結された契約者さま)

弊社へのお申し込み等の手続きは不要です。ご契約条件については「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給に関する契約要綱[小売買取]」によります。

弊社との電気の契約が従量電灯のご契約者さま、安心・快適・キレイ・経済的なオール電化はいかがですか。詳しくはkaeru.tvまで。

現在の買取先が沖縄電力(一般送配電事業者)
(2017年4月1日以降に当社と受給契約を締結された契約者さま)

以下の様式をご記入の上、お申し込みください。お申込み先およびご不明な点のお問い合わせにつきましては、発電設備が設置されている住所の管轄支店・営業所までお願いいたします。

様式 ダウンロード
低圧 ワード(50.5KB)
高圧または特別高圧 ワード(48.9KB)
<ご注意ください>売電契約がない場合の余剰電力の取り扱いについて
固定価格買取制度にもとづく買取期間満了後、いずれの小売電気事業者等とも売電契約がない場合、その余剰電力は当社送配電部門による無償引取りとなります。なお、無償引取りの措置はあくまで一時的な対応であるため、できるだけ速やかに売電先となる小売電気事業者等を見つけ売電契約を締結してください。

買取期間満了後のお客さま向けのサービスについて

買取期間満了後も、太陽光で発電した電気を有効にご活用できるよう、次のプラン・サービスを用意しております。
(注)離島供給約款で契約中のお客さまは対象外です。

再エネEポイントプラン

「弊社への売電を希望される場合のご契約条件」で定めた買取条件に加え、再エネEポイントプランへお申し込みいただいたお客さまに対し、以下の通りポイントを進呈いたします。

<プラン内容>

  • ①沖縄電力が買取した電力量2kWhにつき、1おきでんEポイントを進呈。
  • ②電気料金のお支払いにより獲得できるおきでんEポイントが3倍。

お預かりEeサービス

太陽光の余剰電力を仮想的に蓄電して電気料金がお得になるサービスです。
※お預かりした電気を停電時にご使用できるサービスではありません。

<サービス概要>
サービス料(5,000円/月)をお支払いいただくことで、300kWhを上限に前月に発生した余剰電力量を電気ご使用量から差し引くことで、電気料金を割引。

自家消費拡大のための機器設置のご提案

オール電化なら、自家消費を増やして、太陽光で発電した電気を効率的にご利用いただけます。

電気給湯機やIHクッキングヒーターの機器購入をご検討されている方は、主なオール電化取り扱い店をご紹介いたします。 また、初期費用0円※で電気給湯機やIHクッキングヒーターの導入が可能な「りっか電化リース」やオール電化については当社でご相談を承ります。

  • ※一部施工実費分をご負担いただく場合がございます

よくあるお問い合わせ

※固定価格買取制度については「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」についてをご覧下さい。

自分の買取期間満了時期を知りたいのですが、どうすればよいですか。

具体的な買取満了時期については、当社との間で受給契約を締結した際の電力受給契約書あるいは電力受給契約確認書を確認することで買取満了時期がわかります。

受給契約書を紛失した場合など、買取期間満了時期が確認できない場合はどうすればよいですか。

買取期間満了の5ヶ月前を目処に当社から個別※にお知らせを送りますので、その個別通知にてご確認頂くことができます。

  • ※「太陽光発電からの電力買取契約の終了について(お知らせ)」と記載の封書をご契約者さま個別に送付いたします。
沖縄電力への売電継続のために必要な手続きを教えてください。

現在の買取先によってお手続きが異なります。

<現在の買取先が「沖縄電力株式会社(小売電気事業者)」または「沖縄電力株式会社(一般送配電事業者 離島)」のご契約者さま>

特段のお手続きは不要です。

<現在の買取先が「沖縄電力株式会社(一般送配電事業者)」のご契約者さま>

当社へのお申込み手続きが必要となります。

お手続きの方法については、こちらをご確認ください

  • ※現在の買取先については、買取期間満了の5カ月前を目処に当社から個別にお知らせを送りますので、その個別通知でご確認頂くことができます。
買取単価が変わるのはなぜですか。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギーの導入を促進することを目的に、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定単価で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。
国が買取の約束した一定期間(10年もしくは20年)が終了し、制度の対象ではなくなることから、当社が設定する買取単価とさせていただくことになります。

沖縄電力以外に売電をすることは可能ですか。

可能です。新たな売電先についてはご契約者さまご自身でお探し頂くこととなります。なお、買取を希望する事業者は資源エネルギー庁のホームページでもご確認いただくことができます。

売買を開始してから10年(もしくは20年)も経過していないのに、買取期間満了のお知らせが届いたのですが。

買取期間の起算日は当該設備が固定価格買取制度で売電を開始した日となります。不動産売買などで旧所有者から太陽光設備を受け継いだ場合でも、買取起算日に変更はございません。したがって、当社に売電を開始してから10年(もしくは20年)未満のお客さまでも買取期間が満了を迎えることがあります。

太陽光パネルが古くなったので、買取期間満了を機に新しいパネルに更新し、再度、固定価格買取制度を利用することは可能ですか。

一度、固定価格買取制度で支援を受けた方は、同じ場所で太陽光発電設備を更新したとしても、再度支援を受けることはできないこととなっております。認定に関する詳細は、資源エネルギー庁へご確認ください。