再生可能エネルギー

 太陽光、風力やバイオマスに代表される再生可能エネルギーは、発電時にCO2が発生しないクリーンなエネルギーとして活用が期待されています。

 当社では、気象等の影響で発電出力が変動する太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が拡大しても電気の安定供給ができるよう実証試験などに取り組むとともに、木質バイオマスの混焼も行っています。

※小水力発電を含む再生可能エネルギーの詳細な記事については、「環境行動レポート」をご覧ください。

太陽光発電

 太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに直接変換し、発電時にCO2を排出しないクリーンな発電方法の一つです。

宮古島メガソーラー実証研究設備

宮古島メガソーラー実証研究設備

安部メガソーラー実証研究設備(名護市)

安部メガソーラー実証研究設備(名護市)

●沖縄本島系統における太陽光発電設備の接続状況(FIT接続量)

FIT系統接続量

 近年、固定価格買取制度(FIT制度)による太陽光発電が増えており、その出力は需要の少ない日には全発電出力の4割に達すること(沖縄本島系統)もあります。

 太陽光発電は、雲がかかると出力が落ち、夜になると発電量がゼロになるため、その変動分を火力発電で調整して、需要と供給のバランスを取っています。

風力発電

 風力発電は、風の力を受けた風車(ブレード)の回転運動で発電する方法で、太陽光発電と同様に発電時にCO2を排出しない、クリーンな発電方法の一つです。

大宜味風力発電実証研究設備

大宜味風力発電実証研究設備

南大東可倒式風力発電設備

南大東可倒式風力発電設備

●風力発電の発電電力量(送電端)(沖電グループ実績)

風力発電の発電電力量(送電端)(当社および沖電グループ実績)
粟国可倒式風力発電設備

粟国可倒式風力発電設備

 当社は、日本初となる可倒式風力発電設備を波照間島(245kW×2基)、南大東島(245kW×2基)、多良間島(245kW×2基)、粟国島(245kW×1基)に計7基導入しています。

 可倒式風力発電設備は、90度近く倒すことができ、台風などの強風を避けることで設備の故障を防ぎます。また、地上付近でのメンテナンスも可能となるため、保修にかかる期間や費用の低減にもつながります。

波照間可倒式風力発電設備(傾倒時)

波照間可倒式風力発電設備(傾倒時)

木質バイオマスの混焼

 再生可能エネルギーの利用を拡大し、CO2の排出抑制を図ることを目的として、当社では2010年3月から具志川火力発電所において、カーボンニュートラル排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量であるという概念。例えば、バイオマスも燃焼によりCO2を発生するが、バイオマス燃料の原料となる植物は、成長過程でCO2を吸収しており、ライフサイクル全体でみると大気中のCO2を増加させない。そのため、カーボンニュートラルと呼ばれる。資源である木質バイオマスを石炭に混合して燃焼させる運用を行っています。県内で排出された建築廃材などを利用してペレット状に加工された木質バイオマスを調達しています。

フロー図 木質ペレット(木質バイオマス)