家庭でできる地球温暖化対策

お風呂・サニタリーでできる省エネ方法

★各イラストを選択すると、省エネ方法を紹介します。

お風呂・サニタリーでできる省エネ方法

シャワーは不必要に流したままにしない

シャワー
※45℃のお湯を流す時間を1分間短縮した場合
杉の木:約2.1 本分
CO2 削減量:29.0kg
杉の木:約2.1本分
《省エネのコツ》
●浴槽を使う時には、入浴間隔をあけないようにする。
●お風呂から出る時には、浴槽のフタを閉める。

温水洗浄便座を使わない時はフタを閉める

トイレ
※フタを閉めた場合と開けっ放しの場合との比較(貯湯式)
杉の木:約1.5本分
CO2 削減量:20.5kg 杉の木:約1.5本分
(電気削減量:34.90kWh)
《省エネのコツ》
●暖房便座の温度や洗浄水の温度を低めに設定する。

洗濯物はまとめ洗いをする

洗濯機
※定格容量(6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れて洗濯回数を半分にした場合の比較
杉の木:約0.3本分
CO2 削減量:3.5kg
杉の木:約0.3本分
※出典:資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬(2017年8月)」より作成。
※「CO2削減量」は年間削減量、「杉の木」は杉の木1本が1年で吸収するCO2量(平均14kg)を基準として記載しています。
省エネコラム

節水も省エネ!

 水道水を家庭に送るためには、河川からの取水、浄水、送配水の各過程において、ポンプなどを動かすためにエネルギーが必要になります。また、下水処理の過程においてもポンプ場や下水処理場においてエネルギーが使われています。したがって、節水をすることは省エネにもつながります。

 節水にも取り組みましょう!!

節水も省エネ!

» 他の部屋の省エネを見る