電気のご契約

電気のご契約

「検針票」等に掲載される名義を変更したいのですが?(相続など、引越しを伴わない名義変更を含む)

「沖縄電力コールセンター」にお電話ください。

  • ※ご契約名義を変更される場合は、旧名義のお客さまの電気に関する権利・義務のすべてを、新名義のお客さまに引継いでいただくこととなります。
新築・改築を考えており、新しいプランに変えたいがどうすればいいの?

料金メニューに関するご相談は最寄りの沖縄電力事業所にて承ります。新築・増改築による屋内配線工事に関するご相談は電気工事店(または建築会社)にご相談ください。
引込線や計量器の取り付けは原則として無料で工事を行いますが、新たに施設する設備の状況によっては、工事費を負担していただく場合があります。 希望日までに工事を完了させるためにお早めのお申込みにご協力ください。

  • ※新築、改築の際には、安心おトクなオール電化住宅をぜひご検討ください。
力率割引割増とは何のこと?

力率割引とは、力率※が85%を上回るとき、1%上回るごとに基本料金を1%割引することをいい、力率割増しとは、力率が85%を下回るとき、1%下回るごとに基本料金を1%割増しすることをいいます。

  • ※力率とは、お届けした電気のうち有効に使われた電気の割合を表します。交流の電気を使用される際には、有効電力(仕事になる電力)と無効電力(仕事にならない電力)が存在します。力率は、この有効電力と無効電力をもとにの値に応じて「電気供給約款」別表6および7で定めています。
契約電力はどのようにきめているの?
低圧で電気をご使用のお客さま
契約電力は、契約負荷設備に基づき算定いたします。また、お客さまが契約主開閉器により契約電力を定めることを希望される場合には、契約主開閉器の定格電流に基づき契約電力を算定いたします。
高圧で電気をご使用のお客さま
契約電力は、「実量制」もしくはお客さまとの協議により決定いたします。
  • 契約電力500kW未満のお客さまは、実量制により契約電力を決定いたします。実量制とは、お客さまが実際にご使用になった最大需要電力※により契約電力を決定する制度です。
  • 契約電力500kW以上のお客さまは、使用する負荷設備および受電設備の内容、同一業種の負荷率等を基準として、お客さまとの協議により契約電力を決定いたします。
  • ※最大需要電力・・・エアコンやモーターなど同時に使用する機器が増加するとお使いになる電力は増えていきます。この刻々と変わる需要電力を記録型計量器が計量し、その中で最大の値をその月の最大需要電力といたします。
特別高圧で電気をご使用のお客さま
契約電力は、使用する負荷設備および受電設備の内容、同一業種の負荷率等を基準として、お客さまとの協議により決定いたします。
実量制とはどういう契約なの?

実量制とは、高圧受電のお客さまで契約電力500kW未満のお客さまが実際にご使用になった最大需要電力※により契約電力を決定する制度です。
実量制による各月の契約電力は、記録型計量器により計量した『その月を含む過去1年間の最大需要電力のうち、最も大きな値』により決定します。

< 例 > 
  • (1)の期間は、各月の最大需要電力がその月の契約電力となります。
  • (2)の期間は、各月を含む過去1年間の最大需要電力のうち、最も大きな値がAとなっているため、契約電力はAとなります。
  • (3)の期間は、各月を含む過去1年間の最大需要電力のうち、最も大きな値がBとなっているため、契約電力はBとなります。
  • (4)は、Cが前月までの最大需要電力であるBを超えたため、契約電力はCとなります。
  • ※最大需要電力・・・エアコンやモーターなど同時に使用する機器が増加するとお使いになる電力は増えていきます。この刻々と変わる需要電力を記録型計量器が計量し、その中で最大の値をその月の最大需要電力といたします。
沖縄県以外に住んでいますが、電気の契約はできますか?

大変申し訳ございませんが、現在弊社は沖縄県以外で電気の販売を行っておりません。ご了承ください。