環境教育支援活動

環境教育支援活動

イベントや教育機関などでの環境教育の実施 G

沖電グループの環境活動への取り組みや電気ができるしくみ、家庭でできる環境への取り組みなど、エネルギーや環境について出前授業を行い、次世代の子どもたちを育てる教育支援活動を行っています。

大里北小学校

大里北小学校

うらそえぐすく児童センター

うらそえぐすく児童センター

第39回沖縄青少年科学作品展

第39回沖縄青少年科学作品展

サンゴ保全活動の出前授業(沖電開発((株))

サンゴ保全活動の出前授業(沖電開発(株))

出前授業を受けたご感想など

 出前授業を受けていただいた子どもたちや先生からの主なご感想を紹介します。

左:電気のつくり方や自然エネルギーなどの難しいことを丁寧に説明してくれたので、わかりやすかったです。もっと電気のことを知りたいので、また授業に来てください。
		中央:みなさんのおかげで、電気のことがよりわかりました。面白い実験でわかりやすく教えてくれたので、楽しかったです。省エネ活動も行っていきたいです。
		右:【先生から】出前授業での子どもたちの生き生きとした顔の表情一つ一つに、満足感が出ているように感じました。子どもたちにとって、将来の夢に繋がるとても素晴らしい授業でした。

発電設備および電気科学館の見学・体験学習

エネルギーの大切さや発電のしくみ、環境問題に関心を持っていただくため、発電所の施設などの見学・体験学習を実施しています。
 ※見学のお問い合わせは見学・体験のご案内を参照ください。

宮古支店初!おきでんエネルギー・環境教育(出前授業)

宮古支店 配電課
 源河 雅人(げんか まさと)

 宮古支店管内で初の出前授業を平成28年11月に久松小学校と東小学校の2校で実施しました。授業では、宮古島でつくられている電気がどのようにして生徒たちの家庭まで届けられているか実験を交えながら説明しました。内燃力発電の原理を教えるため、「圧縮発火器」を使用した実験で成功(発火)した時の子どもたちのドヤ顔、笑顔が印象的でした。

 子どもたちに宮古支店、電力関係の仕事を身近に感じられるよう工夫し、今後も同様な授業を継続していきたいと思います。

写真:久松小学校 6年生

久松小学校 6年生
社員の声

環境教育教材の発行

環境教育教材として、地球温暖化、廃棄物、エネルギー、生物多様性について子ども向けにわかりやすく説明した「エコ・キッズレポート」を発行し、教育機関や図書館へ送付および発電所見学やイベント実施の際に配布しています。

宇宙人の家族旅行
(地球温暖化編)

宇宙人の家族旅行

ちゅら島おきなわの旅
(廃棄物編)

ちゅら島おきなわの旅

さあ出発!エネルギーの世界へ!
(エネルギー編)

さあ出発!エネルギーの世界へ!

生きものたちのこともっと知ろう!
(生物多様性編)

生きものたちのこともっと知ろう!