家庭でできる地球温暖化対策

家庭でできる地球温暖化対策

CO2削減効果の表し方

一世帯あたりの年間CO2削減効果は、杉の木1本あたり1年で吸収するCO2量(平均14kg)で表しています。

取り組みの例 一世帯あたりの
年間CO2削減効果
一世帯あたりの
年間節約効果
対策事例

取り組みの例

冷房は必要なときだけつける※冷房を1日1時間短縮した場合
(設定温度:28℃)

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.5本
6.6kg

約410円/年

・ドア、窓の開閉は少なく。
・レースのカーテンやすだれなどで日差しをカット。
・外出時は昼間でもカーテンを閉めると効果的。
・扇風機を併用。風が体にあたると涼しく感じます。

取り組みの例

電球形蛍光ランプに取り替える

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約2.1本
29.4kg

約1,850円/年

・点灯時間を短く。
・器具の掃除で明るさアップ。

取り組みの例

テレビを見ないときは消す※1日1時間見る時間を減らした場合(32V型の液晶テレビで)

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.4本
5.9kg

約370円/年

・消すときは主電源をOFFに。
・画面の輝度を最適に調整。
・テレビ画面は一週間に一度くらい掃除。

取り組みの例

パソコンは使うときだけONにする※デスクトップの場合

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.8本
11.0kg

約690円/年

・スクリーンセーバーの設定は黒い画面に設定する。
・電源オプションをシステムスタンバイに設定する。

取り組みの例

冷蔵庫にものを詰め込みすぎない

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約1.1本
15.3kg

約960円/年

・無駄な開閉はしない。
・設定温度は適切に。
・壁から適切な間隔で設置。

取り組みの例

野菜(根菜)の下ごしらえに電子レンジを活用

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約1.0本
13.9kg

約830円/年

・煮込み料理の野菜はチンしてから鍋へ。
・ごはんは4時間以上保温せず、電子レンジで温め直す。

取り組みの例

電気ポットの保温を止める※保温状態維持と保温せず再沸騰させた場合の比較

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約2.7本
37.6kg

約2,360円/年

・低めの温度で保温して、必要なときはその都度再沸騰させる。
・長時間使わないときはコンセントからプラグを抜く。

取り組みの例

炎がなべ底からはみ出さないように節約

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.4本
5.4kg

約330円/年

・なべの水滴をふき取ってからコンロに。
・なべ底は丸いものより平たいものが効果的。
・生ごみは堆肥化して家庭菜園に使用する。

取り組みの例

シャワーは不必要に
流したままにしない
※流す時間を1分短縮

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約2.1本
29.1kg

約2,760円/年
(水道料金を含む)

・入浴は間隔をあけずに。
・使用後は、種火、電源を切る。

取り組みの例

洗濯物はまとめ洗い

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.2本
2.1kg

約3,950円/年
(水道料金を含む)

・お風呂残り湯を利用する。
・洗剤は適量に。

取り組みの例

部屋を片付けてから
掃除機をかける

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.1本
1.9kg

約120円/年

・集じんパックは適宜取り替える。
・ほうきを使って掃除する。

取り組みの例

温水洗浄便座では、
使わないときはフタを閉める

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約0.9本
12.2kg

約770円/年

・便座暖房の温度は低めに。
・洗浄水の温度は低めに。
・寒い季節だけ便座暖房を使う。

取り組みの例

ふんわりアクセル
「eスタート」※発進時、5秒間の省エネ意識

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約13.9本
194.0kg

約11,370円/年

・不要な荷物は積まずに走行。
・道路の交通情報を有効活用。
・タイヤの空気圧を適正に。

取り組みの例

アイドリングストップ※5秒間の停止で、アイドリングストップ

一世帯あたりの年間CO2削減効果

約2.9本
40.2kg

約2,360円/年

・短い時間(5秒)の停止でもエンジンを切る。
・大気汚染物質の排出削減にも寄与する。

合計

約404.6Kg/年
(約28.9本)

約29,130円/年

 

出典:省エネルギーセンターの「家庭の省エネの大事典2012年版」より作成

表を印刷する

その他、家庭でできる生活に合わせたエコアイディアについては、下記をご覧ください。

「エコんち。」のホームページへ