省エネルギー活動の推進

省エネルギー活動の推進

当社では、さまざまな省エネ活動に取り組むとともに、社員一人ひとりの省エネ意識の高揚に努めています。今後も全社員が一丸となって、これまで実施してきた省エネ活動をさらに積極的に推進していきます。

実施内容

空調の温度調節

・空調温度の適正管理(原則28℃)
かりゆしウェアの着用

節水活動

・蛇口をこまめにしめる
・水量調節による節水

車両による対策

・エコドライブの推進
・アイドリングストップの推進
・ノーマイカーデーの実施
・エコカーなどの導入

グリーン購入の推進

・環境ラベルのついた事務用品の購入
・省エネ型器具(照明など)への切り替え

オフィスごみの管理強化

・オフィスごみの発生抑制、分別、再資源化
・マイカップ、マイハンカチ、マイバッグ運動
・ペーパータオル使用量の低減

照明などの節電

・昼休み消灯など不要時の室内灯を消す
・OA機器の電源OFF
・LED照明機器の導入

みんなで呼びかけよう

・社員同士での呼びかけ
・社内アナウンスによる呼びかけ

家庭で取り組もう

・家庭でできる温暖化対策および環境家計簿の活用

ノーマイカーデーの推進

ノーマイカーデーは、自動車の排気ガス低減による大気環境の保全や二酸化炭素の排出削減による地球温暖化防止につながります。

ノーマイカーデーの実施例

  • 公共交通機関の利用(バス、モノレール)
  • 徒歩
  • 自転車
  • 相乗り

気分爽快!

お客さま本部 名護支店 配電サービスグループ
 宮城 孝行(みやぎ たかゆき)

 トライアスロン練習のため月3~4回、沖縄市から自転車で通勤しています。海岸沿いの自転車走行は、爽快です♪

写真:お客さま本部 名護支店 配電サービスグループ 宮城 孝行(みやぎ たかゆき)

あいのりでゴー!ゴ・ゴー!

電力本部 発電部 具志川火力発電所
 前列左から: 大城 豊(おおしろ ゆたか)
        宮里 和樹(みやざと かずき)
 後列左  : 比嘉 正人(ひが まさひと)
沖電企業(株) 具志川火力電気科学館
 後列右  : 與座 清貴(よざ きよたか)

 沖縄本島南部からうるま市への出勤は、通勤路が同じ方を探し、相乗りすることで、長い通勤時間は楽しい会話となり、気軽に飲み会にも参加でき、さらには環境意識を育むことができ、良いこと尽くしです。

写真:力本部 発電部 具志川火力発電所 前列左から:大城 豊(おおしろ ゆたか)・宮里 和樹(みやざと かずき) 後列左:比嘉 正人(ひが まさひと)  沖電企業(株) 具志川火力電気科学館 後列右:與座 清貴(よざ きよたか)

CO2も体重もダイエット!

電力本部 発電部 石川火力発電所
 渡嘉敷 渉(とかしき わたる)

 私が自転車通勤を始めたのは、職場内で競い合ったダイエットカップがキッカケです。ダイエットカップが終了した今でも、天気の良い日を狙って週に2回を目途に片道19キロの道のりを通勤しています。

写真:電力本部 発電部 石川火力発電所 渡嘉敷 渉(とかしき わたる)

脱メタボ!!!

沖縄エネテック(株) エネルギー開発部
 山下 清人(やました きよと)

 健康診断でメタボ予備群と指導を受け、自転車通勤を試みたものの、自転車を乗りこなすことができずに断念、週1回の徒歩通勤を始めました。競歩で世界記録を樹立した鈴木選手をイメージしながら、僕なりのノーマイカー通勤を楽しんでいます。徒歩通勤は、メタボ解消、CO2排出量削減、心と体のリフレッシュで一石三鳥です。

写真:沖縄エネテック(株) エネルギー開発部 山下 清人(やました きよと