地球環境対策の推進

省エネルギー活動の推進

当社では、さまざまな省エネ活動に取り組むとともに、社員一人ひとりの省エネ意識の高揚に努めています。今後も全社員が一丸となって、これまで実施してきた省エネ活動をさらに積極的に推進していきます。

実施内容

空調の温度調節

・空調温度の適正管理(原則28℃)
かりゆしウェアの着用

節水活動

・蛇口をこまめにしめる
・水量調節による節水

車両による対策

・エコドライブの推進・アイドリングストップの推進
・ノーマイカーデーの実施・エコカーなどの導入

グリーン購入の推進

・環境ラベルのついた事務用品の購入
・省エネ型器具(照明など)への切り替え

オフィスごみの管理強化

・オフィスごみの発生抑制、分別、再資源化
・マイカップ、マイハンカチ、マイバッグ運動
・ペーパータオル使用量の低減

電気使用による対策

・昼休み消灯など不要時の室内灯を消す
・OA機器の電源OFF・所内電力の低減

みんなで呼びかけよう

・社員同士での呼びかけ
・社内アナウンスによる呼びかけ

家庭で取り組もう

・家庭でできる温暖化対策および環境家計簿の活用

ノーマイカーデーの推進

ノーマイカーデーは、自動車の排ガス低減による大気保全や二酸化炭素の排出削減による地球温暖化防止につながります。

ノーマイカーデーの実施例
  • 公共交通機関の利用(バス、モノレール)
  • 徒歩
  • 自転車
  • 相乗り

ノーマイカーでCO2削減に貢献

電力本部 発電部 金武火力発電所/写真左から:翁長 良武(おなが よしたけ)、香村 圭郎(かむら よしろう)、大城 建栄(おおしろ けんえい)、宮城 正朋(みやぎ まさとも)、我那覇 毅(がなは つよし)

環境のため、健康のため、節約のため、ツール・ド・おきなわのため、目的はさまざまですが、遠くは八重瀬町から金武(片道50キロメートル超)を目指して通勤中!

地域がら毎日自転車は厳しいですが、今後徐々に回数を増やしていきたいと思います。

通勤以外でも課内サイクリングの企画実施や、サイクリングイベントへも積極的に参加することで、所全体に自転車の輪が徐々に広がっています。

写真:金武火力/翁長 良武(おなが よしたけ)、香村 圭郎(かむら よしろう)、大城 建栄(おおしろ けんえい)、宮城 正朋(みやぎ まさとも)、我那覇 毅(がなは つよし)

快適な自転車通勤時間

(株)沖電工 総務企画部/徳田 将光(とくだ まさみつ)

那覇市内への転勤により、自宅から職場までの距離が近くなったにもかかわらず、渋滞に巻き込まれ、転勤前とほぼ変わらない通勤時間は苦痛でした。
 アラフォーを迎え、健康にも財布にも気を使わなければならないと思っていたこともあり、自転車通勤を始めたところ、偶然、通勤路は自転車路が整備されていて、婦人用自転車でも非常に快適な通勤時間となりました。
 この快適な通勤時間は、時には、仕事上のアイディアを生み出してくれることもあり、また、CO2削減にも貢献できることから、これからも自転車通勤を継続していきたいと考えています。

写真:ファーストライディングテクノロジー(株)/島袋 健一(しまぶくろ けんいち)

他の社員の声はこちら »

印刷する