地域環境保全の推進

石炭火力発電所の仕組みとさまざまな環境保全対策

石炭火力発電所は、石炭をボイラで燃焼して作った蒸気の力によってタービンを回転させ、その回転を発電機に伝え電気を作ります。当社の全ての発電所では、発電によって環境に影響をおよぼさないようさまざまな環境保全対策を実施しています。

主な法規制および環境保全協定参照

大気保全対策

燃焼によって生じる硫黄酸化物窒素酸化物、ばいじんを低減するため、さまざまな対策を講じています。

【 ばいじん対策 】
電気式集じん装置の設置
【 硫黄酸化物対策 】
排煙脱硫装置の設置
【 窒素酸化物対策 】
排煙脱硝装置の設置
低窒素酸化物バーナの採用
二段燃焼方式の採用
【 粉じん対策 】
屋内貯炭場の採用
密閉構造式揚炭機の採用
ベルトコンベアの防じんカバーの設置
【 排煙の拡散効果による対策 】
高煙突の採用
集合煙突の採用
【 排煙の監視 】
煙道ガス濃度連続測定装置の設置
排煙監視カメラの設置

写真:排煙脱硫装置

水質保全対策

発電所の排水には微量の油分、酸、アルカリ、浮遊物質などが含まれています。それらを総合排水処理装置で分離・凝集・沈殿・ろ過および中和などによって処理しています。

【 排水対策 】
総合排水処理装置の設置
【 排水の監視 】
排水水質連続測定装置の設置

写真:総合排水処理装置

漏油対策

燃料油・潤滑油などの漏洩拡散を防止するため、さまざまな対策を実施しています。

【 陸上漏油対策 】
防油堤の設置、油吸着材の備え付け
【 海上漏油対策 】
燃料船着桟時のオイルフェンス展張、油吸着材および油処理剤の備え付け

写真:石炭受入時のオイルフェンス展張

温排水対策

発電所では、冷却水として海水を利用しており、取放水の温度差を抑えるため取放水方式を工夫しています。

【 取放水対策 】
深層取水方式、水中放水方式の採用
【 温排水の監視 】
取放水温度差の連続測定装置の設置
周辺海域での海象・海生生物モニタリング調査の実施

写真:記録計による温度管理

騒音・振動防止対策

発電所・変電所からの騒音・振動を低減するため、さまざまな対策を実施しています。

【 常時発生対策 】
主要機器の屋内設置
低騒音型機器の採用
防音壁の設置
敷地境界からの適切な離隔距離の確保
強固な基礎上への設置
【 一時発生対策 】
安全弁放出口に消音器の設置

写真:騒音・振動測定(具志川火力)

印刷する