社員の写真

MEET OUR PEOPLE●社員紹介

発電本部
発電部

吉の浦火力発電所 発電課

大城 新2014年入社

発電課の業務は通常勤務と三交替勤務に分かれており、発電所の運用管理に関する業務を行っています。私は各直6名の5直三交替勤務の中で、発電設備及びLNG設備、ガス供給設備の現場パトロールや設備の維持管理を行う為の定例作業等の現場を主にした業務を行っています。

仕事上で
「輝いた」瞬間

新入社員として配属された部署が、運開して間もない発電所で、最新鋭の発電設備や液化天然ガス(LNG)を扱うなど、新しい試みを間近で感じられるのは良かったです。また、2015年から発電所構内に建設されたガス供給設備からLNG陸輸送・ガス供給を開始しています。微力ながらも、ガス事業プロジェクトチームと連帯して、無事にガス供給開始までたどり着くことができた経験も、当所での業務をさせて頂いたからだと考えます。

社員の写真

入社を決めた
理由

社員の写真

学生時代に沖縄を離れてみて、改めて沖縄の良さを感じ、自分の故郷に貢献できる仕事をしたいと思うようになりました。その点、沖縄電力は総合エネルギー事業を通して、県民140万人の生活基盤を支える仕事であるからこそ、使命や責任は重くなりますが、その分やりがいはとても大きいと感じます。電気の安定供給の過程に携わり、沖縄の社会に少しでも貢献したいというのが、今も昔も変わらない私の仕事の原動力です。

沖縄電力の
魅力

沖縄電力の魅力はやはり“人財”だと思います。先輩や上司には気さくな方々が多く、仕事やプライベートのことなど多岐にわたってお話ができ、職場の雰囲気はすごく楽しいです。その中で的確なアドバイスも頂けるので、新入社員当時右も左も分からない私を多くの面からサポートしていただきました。また、当社は人財を成長させるための教育制度も整っており、様々な研修を利用して、スキルアップを図れるのも魅力の一つだと思います。

担当してきた
業務

入社~ 電力本部発電部吉の浦火力発電所発電課にて、発電所の運転業務にあたる。発電員の中でも「サブオペレーター」と言われ、現場パトロール及び定例作業等の現場業務を主に行う業務に従事

プライベートの
過ごし方

社員の写真社員の写真

とにかく体を動かしています。学生時代には陸上競技をしていて、競技を離れた今でも週3日のトレーニングはかかせません。最近では、レース用のロードバイクを購入し、会社での自転車通勤や休日には遠出のサイクリングに出かけたりしています。現場で働く上、体が一番の資本になるので、体力維持や気分のリフレッシュには日頃から意識しています。写真は同期と出場した沖縄マラソンです。同期皆、アグレッシブな面々ばかりです。

就職活動を行う
学生へメッセージ

就職活動は、自分や社会を知ることができるいい機会です。就職活動中、悩んだり、辛い思いをする経験もでてくるかもしれませんが、いろんな企業を知り、数多くの人との出会いが、皆さんをきっと成長させてくれます。そこで得られる広い視野を持った上で、今一度自分の将来に真剣に向き合い、自分が一生懸命になれる会社を選んでください。それが、当社であるとしたら、共に頑張りましょう。