社員の写真

MEET OUR PEOPLE●社員紹介

発電本部
発電部

電源開発室

波平 智成1996年入社

発電部は沖縄本島における発電所の建設、増改良工事、運用、保守などを担う部門です。私の所属する電源開発室は、沖縄本島の電源開発計画や発電所の増改良・廃止工事、太陽光発電所の運用管理を行っています。私は主に将来の電力需要想定・経済性・運用性・環境性等を考慮した最適電源構成・電源計画の検討を行っています。

仕事上で
「輝いた」瞬間

石炭灰加工製品の開発に従事し、開発した「頑丈土(がんじゅうど)」という製品が、国交省が認定する技術審査証明や特許等を取得できたこと。特に開発から10年以上が経った今でも私が開発に携わった製品が当社の石炭灰有効利用手段として活用され、役立っていることに喜びを感じます。

社員の写真

入社を決めた
理由

社員の写真

学生の頃、公務員や教員など社会全般(沖縄)のために役立つ仕事に就こうと考えていました。
就職活動を行う中で沖縄電力について知り、「沖縄のライフラインをささえる」という点が私の思うところと共通する点が多く魅力を感じ入社試験を受けてみようと思いました。

沖縄電力の
魅力

私たちの仕事が、「電気」という製品に形を変えて、沖縄の人々の暮らしや社会基盤の構築に役立っている。これが沖縄のライフラインを支えている沖縄電力の仕事のやりがいであり魅力でもあると思います。また、社内の雰囲気が先輩・後輩、部門間の隔てなくコミュニケーションを取りやすい点も魅力のひとつだと感じます。

担当してきた
業務

入社~4年目 発電部具志川火力発電所技術課にて、発電所における大気・水質などの環境管理業務ならびに石炭灰有効利用や石炭灰加工製品の開発の業務を担当
5~7年目 発電部牧港火力発電所発電課にて三交替勤務に就き、発電設備の運転業務を担当
8~10年目 発電部発電管理課にて発電部全体の石炭灰有効利用や環境管理業務を統括する業務を担当
11~13年目 発電部金武火力発電所にて発電所に関する業務を担当
14~16年目 発電部電源開発室にて発電所の休止計画、将来の最適電気構成の検討、メガソーラー建設計画など業務に関する管理
17~18年目 総務部秘書室にて社長随行秘書の業務を担当
19年目~ 発電部電源開発室にて最適電源構成の検討、設備の増改良工事、メガソーラー運用管理など

プライベートの
過ごし方

アフター5は、ほとんどが子供の学校・部活の送迎に取られてしまいますが、待ち時間に本屋に立ち寄り、本を物色することが楽しみの一つです。また、休日には会社の同期やゴルフ愛好家のみなさんと趣味のゴルフを楽しみ、リフレッシュしています。

就職活動を行う
学生へメッセージ

大学の専門分野にこだわり過ぎて自分の可能性を狭めないで欲しいと思います。大学生活は4~6年、これから迎える社会人としての人生は40年以上、これから歩む人生が皆さんの専門分野だと視点を変えると視野が広がり良い就職活動ができると思います。いろいろと思い悩むとは思いますが、この経験が皆さんを人として成長させてくれると思います。今しかできないこの体験を楽しんで欲しいと思います。