社員の写真

MEET OUR PEOPLE●社員紹介

研究開発部

國場 裕介2000年入社

研究開発部は、電気事業を取り巻く環境が激変する昨今、急務となっている地球温暖化対策、再生可能エネルギーの導入促進等、経営課題の解決に向けた新技術の研究開発に取り組む部門です。
私の所属する本島再エネチームでは、大宜味風力発電実証研究設備と安部メガソーラー実証研究設備を用いて再生可能エネルギーの出力安定化技術に関する実証研究を行っています。

仕事上で
「輝いた」瞬間

研究開発部は様々なテーマの研究に取り組んでいますが、あまり前例がないことにチャレンジする機会があり、難しくもありますがやりがいを感じています。また、技術的な課題を追求できることや、最新技術や関連情報に接する機会が多いという点では、技術者として純粋におもしろさを感じています。

社員の写真

入社を決めた
理由

社員の写真

大学生の頃、アメリカへ旅行をした際に、大型の風力発電機が数十基並ぶ風力発電所を見て感動したことをきっかけにエネルギーに興味を持ちました。就職活動を通して日本の電力会社の中でも沖縄電力は特に再生可能エネルギーに熱心に取り組んでいると感じたことと、自分が生まれ育った沖縄の発展に貢献したいという気持ちから沖縄電力に入社することに決めました。

沖縄電力の
魅力

沖縄には本島を含めて12の独立した単独系統がありますが、沖縄本島では石炭、LNG、重油を燃料とする汽力発電が、離島では重油を燃料とするディーゼル発電が主な電源となっています。発電設備だけでなく流通設備も本島と離島では電圧階級や構成が異なるため、業務を通して技術的に幅広い分野の知識や経験を得られ、電力技術者として成長できることが大きな魅力の一つです。

担当してきた
業務

入社~5年目 研究開発部にて、太陽光発電や風力発電の実証研究、バイオマスエネルギーに関する調査研究、NEDO国際プロジェクト等を担当
6~7年目 当社の海外留学研修制度を利用して米国カリフォルニア州の大学院に留学し、
燃料電池について研究
8年目 電力本部発電部電源開発室にて、再生可能エネルギーに関する技術検討や実機試験等を担当
9~13年目 関連会社(㈱沖縄エネテック)に出向し、県内小規模離島への再生可能エネルギー導入検討、アジア・大洋州における海外プロジェクト等を担当
14~15年目 電力本部電力流通部系統技術課において、沖縄本島系統の保護継電器の整定検討や系統事故解析等を担当
16年目~ 研究開発部にて風力発電や太陽光発電の実証研究と設備管理を担当

プライベートの
過ごし方

学生時代から趣味でバスケットボールを続けており、今でもたまに地元の同好会の練習に参加して楽しんでいます。週末は家の近くのさとうきび畑が広がるのどかな景色を眺めながらジョギングをしてリフレッシュを図っています。また、自己啓発として資格取得のための勉強を短時間でもコツコツと継続するように心がけています。

就職活動を行う
学生へメッセージ

資料やインターネットの情報だけでは自分が希望する仕事や会社を見つけることは難しいと思います。積極的に行動して、会社説明会や企業訪問を通して様々な人に直接会って話をすることをお勧めします。その中で自分がやりたい仕事や働きたい会社が少しずつ見えてくると思います。