部門紹介 部門紹介

発電本部

発電部計画的な電源の開発と運用で安定供給。

計画的な電源の開発と運用で安定供給。

電力の需要想定に基づいた電源開発計画から発電設備の建設、運用を行っている発電部では、年々増大する需要に対し、計画的な電源開発が求められています。コスト削減や環境問題への対応など、総合的な判断の下、慎重に計画の立案が進められています。また各発電所は、設備の運転管理業務や環境関連業務などを行う発電課と、設備の保守・修理などを行う保守課からなり、効率的かつクリーンな発電を行っています。

送配電本部

発電所でつくられた電気は、送電線、変電所、配電線、といった流通設備を介してお客さまへお届けしています。
これら設備の計画・建設・構築・運用を送配電本部で取り組んでいます。

電力流通部24時間 365日 良質な電気をお客さまへお届け。

24時間 365日 良質な電気をお客さまへお届け。

電力流通部では、設備のうち送電線や変電所、系統運用に必要な保安通信設備を含めた流通設備の計画、建設、保守などの業務を行っています。また、電力需要の変化に応じて発電機を含めた電力系統を総合的に運用し、24時間体制で良質な電力の安定供給に努めています。

配電部暮らしを支える電気をすみずみまで。

暮らしを支えるエネルギーをすみずみまで。

配電部は、配電設備の構築計画の総括、設備の設計・保守・管理に関する方針や運用を定める業務を行う配電グループと、配電線地中化、海底ケーブルの構築に関する業務を行う配電センターで構成され、お客さまへ安定した電気を供給するため全力を傾けています。

お客さま本部

お客さまの声を耳にしたり、顔を合わせることのできる部署であるお客さま本部では、お客さまの望んでいることをいち早く察知し、ニーズに合ったサービスを提供していこうとお客さまとの接点をより広げた提案型の企画や営業活動を展開しています。

企画統括グループお客さま本部のチカラを最大限に引き出す。

企画統括グループでは、お客さま本部内の統括、お客さまサービスに関する企画・計画の立案、業務効率化・コストダウンに関する企画立案などを行い、お客さま本部の組織力・社員力の向上に努めています。

営業部電気という“商品”について考える。

営業グループと料金センター、およびコールセンターで構成される営業部では、お客さまのニーズにお応えする料金メニューの策定や、電気料金の計算・請求・収納に関する業務、電力購入に関する業務、お問い合わせや要望への対応を通して、お客さまが円滑に電気をご利用できるように努めています。

ソリューション営業部お客さまに寄り添ったご提案を。

ソリューション営業部では、お客さまのエネルギーに関する様々なニーズにお応えし、利用形態に合わせた最適なエネルギー(電気、ガス)の提案に取り組んでいます。お客さまの立場に立った的確なコンサルティング、迅速・丁寧かつきめ細かなサービスを心がけ、お客さま満足度の向上に努めるとともに、効率的・効果的な提案活動を実施することにより、更なる電気、ガス販売促進や電力負荷の平準化に向けた営業活動を展開しています。

支店

地域に密着した活動を展開。

本島供給エリアには那覇、浦添、うるま、名護の4支店があり、各支店は営業・配電の2グループで構成されています。お客さまと接する機会が多く、地域とのふれあいを大切にしています。

離島
カンパニー

沖縄はたくさんの島からなる島嶼県。沖縄電力では沖縄本島を含む38の有人離島に電気をお届けしています。しかし、遠隔性、狭小性から離島事業はコストが高く、長年の経営課題になっていました。そこでカンパニー制の導入を決め、平成14年離島カンパニーを設置、効率的な運営を図っています。

離島事業部離島のすみずみまでを照らすために。

離島事業部は、宮古・八重山を含む離島のコストダウンに関する企画や発電、送電、配電設備の計画から工事を実施するとともに、沖縄本島周辺離島における発電・配電・営業など、お客さまに電気をお届けする為に必要な業務を行っております。その業務範囲は多岐にわたり、一つの部署で電気事業に関わる全ての業務を行っている部署といえます。

支店先島のお客さまのライフラインを毎日支えている。

離島エリアには、宮古・八重山の2支店があり、それぞれ、発電から送配電、営業料金まで幅広い業務を行っています。 離島の電力を安定的に届けるために、地域とともに地域のために業務を行っています。

東京支社

東京における情報収集と渉外活動を担う。

電気事業連合会、電力各社や中央官庁等の関係機関から迅速かつ的確に情報を収集し、関係各部署へ情報発信をおこなっています。また、これらの関係機関からの問い合わせに対し、各部署への連絡・調整や関係機関との交渉等を行う役割を担っています。

企画本部

沖電グループ全体を視野に入れ、将来の沖縄電力を見つめる企画本部では、電力業界を取り巻く諸課題への対応をはじめ、燃料価格の高騰や地球温暖化対策、吉の浦火力発電所やガス供給事業の着実な推進など、沖縄電力が抱えるさまざまな経営課題に幅広く取り組み、いつの時代も勝ち抜く逞しい企業づくりを目指します。

企画部電気事業の今を見つめ、これからを創造する。

沖縄電力および沖電グループ全体の経営方針の策定、中長期経営計画の立案などを行う経営企画課、経営効率化などの推進を行う経営管理課、設備計画を策定する設備計画課、将来の電力需要を想定する調査課からなり、電気事業の今後を分析し、経営計画に反映しています。

事業開発部沖電グループの企業価値向上を目指して。

グループ会社の管理・支援等を行う事業管理グループ、社会のニーズを読みとり、新規事業および投融資等に関する業務を担う新規事業開発グループ、総合エネルギーサービスを担うエネルギー事業グループからなります。

IT推進本部

電力小売自由化による競争の激化や事業規制緩和のなか、沖縄電力ではIT活用による業務効率化やIT関連事業の展開を図っています。

IT事業グループIT分野でおきでんを支えるために。

IT分野に関する新規事業の事業化および投融資などについての業務や、IT分野の関係会社の管理・支援等の業務を行っています。

通信グループ最新の通信環境を創造する。

IT分野に関する通信設備の計画・立案や通信設備の技術に関する調査・研究などを行っています。

情報システム部業務システムの開発で効率UP!

情報処理技術を活用し、業務の効率化やコスト低減に取り組んでいます。

研究開発部

新技術で沖縄の未来を照らす。

CO2の排出削減をはじめ、風力や太陽光などのクリーンエネルギーや新技術の研究開発に取り組んでいます。

環境部

地球との共生は私たちのテーマ。

環境行動の推進を図るため、社長を委員長とする「環境委員会」を設置し、沖電グループも含めた実行的な推進体制のもと、各種施策の策定および重要課題の検討を行っています。 また、地球温暖化対策や環境モニタリング、循環型社会形成の推進などにも取り組み、環境活動の積極的な実施・展開に努めています。

総務部

幅広い分野で社員の毎日と効率的な事業運営をサポート。

役員庶務、社内外への広報活動、採用・人事・育成から文書管理、業務設備の計画・維持管理、株式および法務、労務管理や福利厚生に至るまで、多岐にわたる業務で、社員の安心と安全、業務を支えています。

経理部

円滑な資金の流れをつくりだす。

経営方針に基づき、予算の編成、管理を行う予算課と、事業年度における財政状態及び経営成績を明らかにする決算課、資金調達・運用で資金の円滑な流れを維持する財務課で構成しています。

資材部

コスト低減を図りつつ必要な資材を調達保管する。

資材部は物品購入や工事に関する請負付託などの業務を担当する購買課、物品の在庫管理を担当する資材課、燃料の調査・計画・購入を担当する燃料室からなり、経営方針に掲げる「良質な電気の安定供給」を側面から支援する部署です。

用地部

電気事業の基盤を支える。

沖縄電力が所有または賃貸借している土地等の管理・保全を担当する用地管理課、及び、発電設備、流通設備などを建設するために必要な土地などの取得を担当する用地課からなり、日々の電気事業を円滑に推進していくための基礎を担っています。

内部監査室

企業経営の質を高めるために。

会社法に基づく「業務の適正性を確保するための体制に関する基本方針」に定められた企業倫理を含む法令などの遵守、業務の有効性・効率性の向上および資産保全の適正性の評価、並びに金融商品取引法に基づく「財務報告に係る内部統制報告制度」に関する整備・運用状況の評価などについて独立的な立場で内部統制評価を実施しています。

防災室

自然災害に立ち向かう。

これまでの防災対策を再検証し、災害に強い設備の構築と、全社一体となった復旧作業に対応できる総合防災体制の強化を図るために設置されたのが防災室です。非常災害時や台風襲来時の対応、防災訓練に関する事項、防災関係行政機関との協力関係構築を担っています。