ホームへ戻る > サービス・ビジネス情報 > 電力の自由化について > スマートメーターの本格導入開始について
スマートメータ―について

スマートメーターについて

スマートメーターの本格導入開始について

当社は、平成28年4月より当社サービスエリアの低圧契約のお客さまを対象にスマートメーターの設置を開始することといたしました。スマートメーターへの取替は、既存電力量計の検定有効期間※1満了時の定期的な取替のほか、新築等における新たな電気ご使用の申込みにあわせて実施いたします。
今後は、スマートメーターを活用した遠隔での検針や電力使用量の見える化等新たなサービスをお客さまにご提供していく予定です。
平成28年度は約10万台のスマートメーターを設置し、平成36年度までの9年間ですべての低圧契約のお客さまに設置する予定です。
スマートメーターの設置にあわせて、電力メーター情報発信サービス(Bルートサービス)※2の受付、提供も開始致します。本サービスは無料でご利用頂けますが、サービス利用をご希望されるお客さまは、お客さまにて別途HEMS機器※3をご用意頂く必要がございます。
Bルートサービスの詳細はこちらをご参照下さい。

※1・・・電気メーターは計量法に基づいて計量が正しく行われているかを確認するため、国の定める機関で検定を行うことになっており、供給電圧が低圧で単独計器の場合は、10年ごとにメーターの交換を行う必要があります。
※2・・・スマートメーターから、30分毎の電気使用量などのデータをお客さまのHEMS(Home Energy Management System:住宅用エネルギー管理システム)機器に向けて発信するサービス。
※3・・・スマートメーター対応HEMS機器については、以下のホームページをご参照下さい。
一般社団法人エコーネットコンソーシアム SMA仕様

■スマートメーター導入計画

スマートメーターの設置計画

よくあるご質問