ゼロエミッションへの取り組み
~2050 CO2排出ネットゼロを目指して~

当社は今までに培った技術を活かし、そして新たな技術の導入で、持続可能なエネルギーシステムを構築し、安定供給と地球温暖化対策の両立に取り組んで社会へ貢献していきます。

2050年CO2排出ネットゼロの実現に向けロードマップを策定

2050 年CO2 排出ネットゼロの実現に向け、今後30 年間を見据えたロードマップを策定し、様々な施策を実施してまいります。CO2 排出ネットゼロに向けた2つの方向性として、「再エネ主力化」、「火力発電のCO2 排出削減」を掲げております。

※当社の『ゼロエミッションへの取り組み』に関する詳細については、こちらをご覧ください。
https://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2020/201208.pdf

参考: 「沖縄県と沖縄電力株式会社との2050年脱炭素社会の実現に向けた連携協定書」の締結について」(2020年12月22日プレスリリース済)
  https://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2020/201222.pdf
 
経団連の「チャレンジ・ゼロ」特設ウェブサイトにて、脱炭素化社会の実現に向けた当社のイノベーション事例を紹介
  ・小規模離島における再エネ導入拡大への挑戦
・台風襲来の多い島嶼地域で困難な風力発電の導入と適応策
https://www.challenge-zero.jp/jp/member/18
Challenge Zeroロゴ