環境大臣表彰

「平成20年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

「残波しおさいの森づくり」植樹活動が、環境大臣より「平成20年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(対策活動実践部門)を受賞いたしました。

平成20年12月17日、東京都千代田区のKKRホテル東京において「平成20年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の表彰式が行われ、対策活動実践部門で同賞を受賞した当社から、副社長の佐久眞章が出席し、斉藤環境大臣より表彰状を頂戴いたしました。

この表彰は、地球温暖化の防止に関し顕著な功績のあった個人や団体に対し、その功績をたたえて環境大臣が表彰するものです。このたび沖縄県より、当社の「残波しおさいの森づくり」植樹活動をご推薦いただき、同賞の受賞となりました。

今後も引き続き、「地域とともに地域のために」をモットーに、地域の方々と共に緑化活動を行い、地球温暖化防止に貢献してまいります。

  • 写真 表彰式の様子1
  • 写真 表彰式の様子2

【「残波しおさいの森づくり」について】

「残波しおさいの森づくり」は、郷土の森の再現並びに地球温暖化防止対策の一環として、読谷村残波岬に本来生育する、在来の17樹種を5年間かけ、読谷村から土地の提供を受けた約4.2ha(東京ドーム約1個分)に約6.5万本の苗木と種子を、地域のみなさまや植栽ボランティアの方々と共に混植・密植しました。

なお、今後は平成23年3月まで除草、潅水等の維持管理を行う予定です。その後は自然の力により郷土の森が復元されるものと考えております。

【参 考】